イメージ画像

最新情報

2014年9月16日未分類
土地の購入も売却も業者選びが大切
2014年9月4日不動産
土地の所有権移転登記の費用について
2014年8月20日未分類
土地に対する権利と建物に対する権利との違いとは
2014年7月25日未分類
山の斜面や傾いた土地を購入する際の注意点
2014年7月1日未分類
駅から近い土地選びの方法

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

土地の所有権移転登記の費用について

土地や建物などの不動産は、面積(=地積といいます)や地目、所有者や抵当権など、重要な事項は登記をする必要があります。

 登記は公示制度といって、名前を書いたり、持って歩けない土地の所有者が誰かを証明するための仕組みで、手数料を払えばだれでも閲覧することができます。

 ところで、登記を申請する際には登録免許税という費用が掛かります。

土地については、売買や贈与による場合は価格の1000分の20、価格とは売買の実際の取引価格のことではなく、市区町村が固定資産税の課税のためにけってしたもので、実勢価格の6割から7割程度といわれています。

 とはいえ、もともとが高額な資産なので、課税標準が実勢価格より若干低くても、登録免許税は数万円から時には十万円を超えることもあり、土地の流通を活性化させる目的で、平成27年3月31日までの取引については、1000分の15に軽減する措置が取られています。

 また、所有権移転の原因が相続や会社の合併などの場合には税率は1000分の4と、売買などに比べて負担が軽くなっています。

土地売却について得意な業者とは

土地に関する取引は不動産会社に依頼することになります。
多くの業者が存在する中、それぞれに得意分野とそうでない分野の業者が存在します。

マンション売買が得意な業者や、競売物件等の取引が得意であったり、オフィスビル系の設備などに長けている業者もいます。
それぞれの業者が全ての業務をこなすことが出来ますが、実績に大きな差が出る事があります。

どれかの業務を中心に活動してきているので、やはり中心に活動してきた業務に関して依頼したいところです。
会社に一度出向いて、実際にどういった分野が得意であるのかを知っておく必要があります。

そして土地の購入や売却に関して得意な会社を選択することが大切です。
その際には、会社の方針などを聞いておくだけではなく実績も教えてもらうようにします。

いくらその会社がその分野において長けていると言っても、実際に実績を挙げている証拠を見ないと納得できるものではありません。
土地は重要な財産であるので慎重に会社選びをしたいところです。

土地売却の査定相場と価格がすぐにわかるサイトをお探しなら
公式サイト

タグ

2014年9月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:不動産

土地の購入も売却も業者選びが大切

土地の購入も売却も業者選びが大切
土地は自分の人生に関わる事柄であり、それに関わる業者については社会的信用性がある業者を選びたいところです。
そういった業者を知る事は難しく、実際に取引をしてみないとわかりません。
有名であればある程に良いという訳ではないので、インターネットで口コミを調べてみる事も大切です。
良い評価と悪い評価を比べてみます。
悪い評価はどこが悪かったのかを明確に知るようにして、同じ事が起こらないように業者に念を押す事も大切です。
もし土地を売却して、次に住む家が決まっているのであれば、その会社に売却の手続きをお願いしてもいいかもしれません。
大きな利益を挙げる事が出来るので、進んで協力してくれるはずです。
あまりにも知名度が低い業者に依頼する際には、土地の取引に関わる為の免許を取得しているかどうかを調べる事も大切です。
これは区役所に行けば簡単に調べる事が出来ます。
何も調べずに依頼して失敗するよりも、時間をかけて調べて成功した方がいいので時間を惜しまない事が大切です。

タグ

2014年9月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

土地に対する権利と建物に対する権利との違いとは

土地に対する権利と建物に対する権利との違いとは
同じ不動産ではあっても、土地に対する権利と建物に対する権利とでは、いろいろと違いがあります。
例えば、土地という不動産の上には、建物というもうひとつの不動産を設けることができるわけなのですが、その逆ということは成り立ちませんし、また、建物という不動産の上にさらに別の建物という不動産を設ける、ということもできないわけです。
このために、土地というそれ自体が権利となる不動産の上には、建物というまたそれ自体が権利となる別の不動産を設けることができる、ということになるために、そこには不動産に関する二重の権利関係が発生してしまう、ということになるわけなのです。
しかし、これが建物である場合には、前述した通り不動産に関するこうした二重の権利関係、というものは発生しないのです。
こうした点に、同じ不動産ではあっても、その権利関係の在り方において、土地と建物というものが根本的に異なっているものである、という根拠があるのです。

タグ

2014年8月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

山の斜面や傾いた土地を購入する際の注意点

山の斜面や傾いた土地を購入する際の注意点
土地は至るところに存在しており、切り開かれた山の一部も例外ではありません。
実際に山小屋が建っているように、そこに民家を建てる事も可能となっています。
そこまで山奥でなくても、山に繋がる斜面では多くの民家が建っている事が多いです。
その理由としては空気が綺麗であり、土地の価格が安いからというのが主な理由です。
そこに民家を構えるのであれば家を建てる時には注意が必要です。
斜面に家を建てるということは、家だけを垂直に建てる為に底の高さを調節する必要があります。
これには実際に平坦な地面に家を建てるよりもコストがかかります。
そして実際には目ではわからないぐらいの傾きがある場合があります。
少しでも傾きがある家になってしまうと、柱は底面の木材に大きな負担がかかる事になり老朽化が進んでしまうことになるので、専門家に一度見てもらうことが大切です。
この様に土地の購入の際には建てた後の事もよく考えておく必要があります。

タグ

2014年7月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

駅から近い土地選びの方法

駅から近い土地選びの方法
土地選びに一番気になるのが立地条件です。
その中でも交通アクセスに関しては勤務先までかかる時間が変わってくるので重要な項目です。

資料では駅から徒歩10分と記載されていても安心してはいけません。

これは最短距離で一度も信号に引っかからなかった場合に計ってある距離であり、実際に歩くと表記された時間よりも時間がかかる場合がほとんどです。
そうなれば住んでから後悔してしまうことになるので、実際に下見の時に駅から歩いてみてどれぐらいかかるのか計る事が大切です。

下見の時に信号が青であっても赤になった想定で時間をプラスして、一番遅ければどれぐらいかかるのかを知っておくことが大切です。
知っておくことによって、慌てて家を飛び出した時でも時間配分を計算して行動することが可能になります。

このように土地選びにおいて下見は大事な事であり、土地の資料に記載してあることは全て自分で試すことが重要です。
そうすることによって納得して購入することが出来ます。

タグ

2014年7月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ